危機管理・リスク管理

テレビや新聞、ネットからの断片的な情報から判断するのは危険かもしれませんが、危機管理、リスク管理について、アメフトの悪質ラフ・プレー事件から学ぶことも多いなと感じたのでこのブログを書く次第です。


日本大学アメリカンフットボール部の起こした今回の傷害事件と言っても言い過ぎで無いほどのラフ・プレーは、映像を観る限り、加害選手もその管理者であるコーチ、監督は自分たちの行動を正当化する要素は全くないでしょう。

日本大学の最初の過ちは内田前監督と学長がすぐに会見を開かず、大学広報も調査不十分なまま、「監督の指示という事実はない!」と事実関係の安易な全否定をしたことです。まずは謝罪のコメントをするのが普通だと思いますが、なぜか少しでも自分たちの責任が軽くなるようにと考えたのか、その後の危機管理がうまくいくとでも考えたのか浅はかな対応でした。



この初動危機管理が、今後最悪のものになるかを決める最重要ポイントで、速やかなダメージ回復の機会を完全に失ってしまい、さらに523日に日本大学で行われた緊急会見がドタバタで、火に油を注ぐ結果になりました。

関西学院大学の会見と比較して、今回露呈したのは、日本大学には優れた人材がいないのか?と言う事実ですね。

被害届が出て、刑事告訴、民事告訴という事になれば、事実が明らかになると同時に、教育の場としての大学と関連する高校、中学まで法人全体の信用失墜の事態に突き進んでいくことにもなりかねない出来事です。


次回は、ホームページの「社長ブログ」からの投稿になるかもしれませんが、この危機管理、リスク管理について、他社さんで施工したキッチンの後始末を当社でやることになった、とあるお宅で起きや事例と絡めてお話します。


# by e-medic | 2018-05-24 11:10 | コミュニケーション

ホームページリニューアル

ホームページリニューアル_c0190969_23355798.jpg


株式会社メディック一級建築士事務所の「マンション大規模修繕コンサルティング」を担当する部署である、マンション事業部のホームページをリニューアルしました。

株式会社メディックと株式会社メディック一級建築士事務所のホームページはそのまま存続させ、新たなドメインを取得し、新規のホームページとして立ち上げています。

事務所は横浜市西区高島町に一級建築士事務所のサテライトスタジオとして運営しております。

どうぞ、マンション管理組合や管理会社の皆様で、大規模修繕についてお困りごとや疑問がございましたら、中立な立場でコンサルティングをする、当社設計事務所の「マンション事業部」へご相談ください。

マンション事業部ホームページはこちら ⇒ 良い修繕は、資産価値を守る

株式会社メディックのホームページはこちら ⇒ 良いデザインは、良い空間を創る




# by e-medic | 2018-04-10 23:54 | IT・パソコン

木造2階建て、デザイナーズ賃貸住宅のリノベーション進行中。



木造2階建て、デザイナーズ賃貸住宅のリノベーション進行中。_c0190969_18570290.jpg
木造2階建て、デザイナーズ賃貸住宅のリノベーション進行中。_c0190969_18564234.jpg


現在、横浜市鶴見区でリノベーション進行中の戸建て賃貸のデザイン住宅。

木造2X4工法の戸建て賃貸住宅です。


先日、外部の塗装工事が完了、足場を解体して瀟洒な外観が現れました。

内部の工事がまだ進行中で、3月中旬には、入居可能となっています。

システムキッチン(なんと引き出しタイプ)・システムバス・収納多数・小屋裏収納もある3LDKの瀟洒な佇まいの邸宅です。



駐車場は縦列で2台分を確保。玄関を入ると、ホールと階段室は吹き抜けで、4基もあるトップライトからは優しい光が降り注ぎます。

外観はとても瀟洒なデザイン住宅。一見の価値があります。

お問い合わせ、内見ご希望のお客様は、下記のリンクからどうぞ、お申し込みください。






# by e-medic | 2018-02-13 19:08 | 建築・設計・デザイン

2月2日、3日はクリナップ横浜ショールーム「知って得する体感フェア」へお越しください。

2月2日、3日はクリナップ横浜ショールーム「知って得する体感フェア」へお越しください。_c0190969_00011355.jpg


2月2日、3日はクリナップ横浜ショールーム「知って得する体感フェア」へお越しください。_c0190969_23591643.jpg




ホームページでもお知らせの通り、クリナップ横浜ショールームに於きまして、2月2日(金)、3日(土)の2日間、「知って得する体感フェア」が開催されます。

クリナップのフラッグシップモデル「ステンレスキッチン SS」に代わり新発売されるのが、機能的で美しいフォルムのシステムキッチン「CENTRO(セントロ)」です。

CENTROとはスペイン語で「中心(センター)」と言う意味で、暮らしや家に集う家族、友人の輪の真ん中に位置するという意味も含まれているような気がします。

勿論、ダイニングキッチンの「中心=真ん中」の「アイランド」や「対面の」レイアウトが似合うシステムキッチンです。


1月18日より横浜ショールームに「CENTO」は展示がされており、皆様をお待ちしています。

ぜひともご友人、ご家族お誘いあわせの上、2月2日(金)、3日(土)にクリナップ横浜ショールームにお出かけください。





お出かけの際には、お手数ではございますが、下記のご相談フォームよりお申し込みください。




# by e-medic | 2018-01-22 00:15

超巨大地震の発生確率高まる。

超巨大地震の発生確率高まる。_c0190969_11303623.jpg

昨日は、22時05分頃に千葉県北西部を中心とするM4.5の地震が起き、久しぶりに関東地方も揺れましたが、日ごろの心構えと備品の準備、備蓄も大事なことです。

12月19日に、政府の地震調査研究推進本部が発表したニュースをご覧になられた方も多いと思います。
それは、北海道沖の千島海溝沿いで、今後30年以内にマグニチュード(M)8・8以上の「超巨大地震」が発生する確率は7%から最大40%とするものです。

M8.8以上と言えば、2011年3月11日に発生した東日本大震災の9.0に匹敵します。

地震本部が千島海溝沿いの地震について、東日本大震災(M9・0)級の地震の確率について検討し、最新の研究を基に調査した結果、十勝沖から択捉島沖までを震源域とするM8・8程度以上の地震が起きる確率を7~40%とはじき出しました。同規模の地震は平均340~380年ごとに発生し、約400年前に起きたと考えられる直近の地震から、もう既に「平均的な間隔を超えており、発生が切迫している可能性が高い」とのことです。


東海、東南海、南海の地震発生確率も高いと言われていますが、以前から政府では写真のような「トイレットペーパーの家庭内備蓄」を呼び掛けているのは、意外と知られていないところです。

トイレットペーパーの国内生産の約4割は、静岡県で行われており、万一、東海地震等で静岡県が被災した場合、トイレットペーパーが全国的に深刻な供給不足となる恐れがあるので、普段からご家庭で、日常用のトイレットペーパーとは別に1か月分程度のトイレットペーパーを備蓄されることを呼び掛けています。


# by e-medic | 2017-12-28 11:32 | 建築・設計・デザイン

株式会社メディック・株式会社メディック 一級建築士事務所の長谷山泰三が、日常の合間に、日々の出来事や思いついたこと等を気ままに綴ります。建築やデザインなどの話題は、ホームページの「社長ブログ」に書いています。


by e-medic
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る